ヒルクライムにおける体重とタイムの関係

taijukei
ヒルクライムが少しでも速くなるように引き続き鋭意減量中のゑビスです。

さて、ヒルクライムにおける体重とタイムとの関係については、先日の紹介記事にもちらっと「約0.45kg体重が増えるごとに、1マイル(1609m)の登りで15~20秒遅くなる」といったおおまかな情報がありましたが、減量のモチベーションを保つためにも、たとえば5kg痩せたらどれくらいヒルクライムのタイムを短縮できるのかもう少し具体的に知りたいところです。

続きを読む

心臓病専門医が心臓を健康に保つためにやっている14の方法

Photo: Heart by seyed mostafa zamani
海外のバイクメディアに「心臓病専門医が心臓を健康に保つためにやっている14の方法」という記事が転載されていました。

自転車に直接関係する話題ではないですが、サイクリングやランニングなどの有酸素運動を日常的に行っている身としては心臓の健康を保つ方法というのは大変気になるし、さらにそれが心臓病専門医が自ら実行していることとなるとより一層興味深いということで、本日はその記事を紹介しようと思います。

続きを読む

今すぐヒルクライムが速くなる6つの方法

Photo: CairngormCCRaces by Robin McConnell
先日「正しく呼吸すればヒルクライムは速くなる」という海外の記事を紹介しましたが、ここのところ引き続きどうしたらヒルクライムが速くなるのか探求中のゑビスです。

呼吸については、前回の記事通り、息切れしないようにできるだけ深い呼吸をするように心掛けると楽に登れるというのは間違いないですが、ただ楽に登ることが速く登ることに直結しないのが(私の場合)悩ましいところです。

ちなみに、速く登るのに一番手っ取り早いのは何と言っても痩せることだろうということで、実は先週から5kgの減量目指してダイエットを開始したのは内緒です。

続きを読む

ロードバイクでライドするときの鍵の持ち運び方~秘策伝授!

Photo: Locked by Gabriele Diwald
ロードバイクに乗っている者の共通の悩みとして鍵をどう持ち運ぶかという問題があります。

グループでライドする人の場合、仲間の鍵を利用したり、仲間を見張り役にしたりで、鍵を一切持っていかないという選択肢もあるのかもしれません。

しかしながら、単独ライドの場合、コンビニや飲食店に短時間立ち寄る際も、他人を当てにすることができないので、必ず鍵を携帯していく必要があります。

続きを読む

正しく呼吸すればヒルクライムは速くなる?

Photo: Velothon Wales 2015  by Marc
海外の女性サイクリスト向けのサイトに、呼吸とヒルクライムに関する興味深い記事が掲載されていたので、一部を意訳しつつご紹介します。

ちなみに、なぜアラフォーのおっさんが海外の女性サイクリスト向けサイトをチェックしているのかという野暮な詮索はなしの方向でお願いします(笑)。

さてさて、そんなわけで、ヒルクライムと呼吸というテーマに興味を持たれた方は是非チェックしてみてください。

続きを読む

【Zwift】Watopiaコースガイド~これであなたもWatopia通

watopia_mountain
先月、Watopiaに「Mountain 8」と「Pretzel」の2つの山岳コースが登場しました。

春先はさすがに外にライドやランニングに出かけることが多いので、全長50km以上あるコースを完走する時間がなかなか取れないのですが、新たに追加された山岳ルート部分はこれまで何度か試走してみました。

山を登る途中に雪がちらついたり、明らかに路面が凍っていそうだったりで、真夏にプレイすると涼し気で良いかもしれませんね(笑)。

続きを読む

自転車乗りの日焼け対策~おすすめグッズの紹介

summer_sun
四月になり京都ではいよいよ桜も満開になりました。

これからますます暖かくなって本格的なサイクリングシーズンが到来するのは嬉しいかぎりですが、同時にぼちぼち日焼けのことも気になりはじめる今日この頃です。

皆さんはこれからの季節、ロードバイクやクロスバイクで長時間のライドに出かけるとき、日焼け対策をどうされますか?

続きを読む

未来の自転車ウェアはどう進化するのか?

Photo: Hot and cold by Raxon Rex
本日は、近い将来、温度を自動調整してくれるスマートウェアが登場するだろうという当サイト的にも大変興味深い話題が海外の自転車メディアに掲載されていたので、意訳しつつご紹介します。

こういう未来のテクノロジーの話題というのはすごくワクワクさせられますよね。しかもこのスマートウェア・ジャージというのは何十年も先に実現するというんじゃなくて、2020年頃には登場するかもしれないんですって。

続きを読む