Garmin Edge 520Jでスマートに室内トレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Photo by Ebisu
Photo by Ebisu

スマートトレーナーでインドアトレーニングをするときは基本的にZwiftをプレイしていますが、Zwiftをプレイするほどのまとまった時間がなかったり、バイクをデスクトップパソコンを置いている部屋へ移動したり、ラップトップを所定位置にセットしたりと、あれこれ準備するのが面倒くさいという日も少なからずあります

そういうときに重宝するのが、Garmin Edge 520Jとスマートトレーナーを連携させたインドアトレーニングです。Garmin Edge 520Jは「ANT+/FE-C」通信に対応しているので、Zwiftなどのソフトウエア同様、Edge 520J側からスマートトレーナーの負荷を変えることができるんですね。ですから、たとえばガーミンに取りこんだコースを勾配に応じた負荷変化とともにトレーニングしたり、自分独自のワークアウトを実施したり、ターゲットパワー値を決めてストイックにトレーニングしたりと結構色々できます。

本日はそのやり方について解説します。

スポンサーリンク

Edge 520Jとスマートトレーナーをペアリングする

まずは、スマートトレーナーとEdge 520Jをペアリングする必要があります。ペアリングの前にEdge 520Jとスマートトレーナーの電源を入れておきましょう。

edge520j_sensor01
「設定」から「センサー>センサーの追加」を選択し決定ボタンを押します。「トレーナーとペアリングするには、クランクアームを回して下さい」と表示されるのでペダルを回してEdge 520Jからトレーナーを検索できるようにします。

edge520j_sensor02
トレーナーが検索されると、上記の画面になるので、「センサー追加」を選択して決定ボタンを押します。

edge520j_sensor03
トレーナーがEdge 520Jに接続され、センサーのリストの中にトレーナーのアイコンが表示されればペアリング完了です。

各種トレーニングを実施する

edge520j_sensor04
「トレーニング」から「トレーナー」を選択し決定ボタンを押します。

レジスタンスやターゲットパワー値を決めてトレーニング

edge520j_sensor08
レジンスタンス値を決めてトレーニングをするときは、「レジスタンス設定」を選択し、レジスタンスの強さを上下ボタンで変更後、決定ボタンを押します。

edge520j_sensor07
ターゲットパワー値を決めてトレーニングをするときは、「ターゲットパワー」を選択し、ターゲットパワーの値を上下ボタンで変更後、決定ボタンを押します。

レジスタンス・パワーともにトレーニング中でも変更できるので、必要に応じて負荷を上げ下げして調整してください。

コースを走ってトレーニング

edge520j_sensor06
「コース」を選択すると、ガーミンに取りこんだコースの一覧から好きなコースを選んで走ることができます。コースの勾配に応じて自動的に負荷が調整されるため、過去に自分が走ったことのある峠や、これから行こうと考えている峠のシュミレーションもできますね。

私が所有するスマトレ「Elite Qubo Smart Digital B+」は最大で6%までの登坂負荷しかかけられないので、あまりリアルな峠の走行のシュミレーションはできませんが、最大勾配15%まで再現できるTacxのBushidoなんかを持っている人は、かなりリアルな峠のシュミレーションができるのではないでしょうか。

もちろんバーチャルトレーナーも併用できるので、上手く活用するとモチベーションを保ちつつトレーニングできそうです。

ワークアウトでトレーニング

「ワークアウト」を選択すると、ガーミンコネクトで作成したワークアウトを実施することができます。

edge520j_workout_gorby_z

ところでZwiftに「The Gorby」という1時間ほどのワークアウトメニューがあるのですが、試しにガーミンコネクトで同じようなワークアウトを作成してみました。

edge520j_workout_gorby
上記のような感じでワークアウトを作成して保存したあと、Edge 520JをPCに接続し、「デバイスに送信」でワークアウトをEdge 520Jに送信しておきます。

edge520j_workout01
ワークアウトのリストから対象のワークアウトを選択し、決定ボタンを押します。

edge520j_workout02
開始の前にワークアウトの各ステップを確認することも出来ますよ。

edge520j_workout04
ワークアウト中はこんな感じです。各ステップが終了する5秒前にカウントしてくれるのでステップの切り替わりもわかりやすいです。

まとめ

Garmin Edge 520Jとスマートトレーナーを連携させたインドアトレーニングの最大のメリットは何と言ってもそのお手軽さだと思います。ちょっとした空き時間にササッとトレーニングをこなしたいときなんかにはうってつけですね。

「今日はどうも運動する気がおきないなぁ」っていうテンション低めの日でも、「まあNetflixで海外ドラマでも観ながらまったり京見峠を登っておくか」なんて感じで気軽に運動を始めることができるので、最近は運動をサボる日がかなり減ってきたように思います(笑)。

また、ワークアウトをガーミンコネクトで事前に作成しておけば、本格的なトレーニングもガッツリ実施できるということで、なかなか使い道が広いですね。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。