京都裏道ランニングルメ Vol.1【吉田山・懸垂・カツカレー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
rg1_inari1
私ゑビスの普段のランニングコースは七割くらいは鴨川です。鴨川はランニングコースとして申し分ないのですが、さすがにあまり頻繁に走っていると黒柳徹子ばりに変化に乏しい川べりの風景の連続に少々食傷気味になります。

そんなときは思い切ってママチャリやバス・電車を利用してふらりとプチ遠征して、京都の細道・裏道を気ままにランニングすることにしています。

そうしたプチ遠征によりゑビスがこれまで開拓してきたランニングルートを、当ブログの読者の皆さんに紹介するシリーズを始めようと思ったのですが、ただ、それだけだとおっさんのプチ放浪日記的な空気が濃厚に漂いすぎて魅力に乏しいのではないかということで、さらにグルメ情報をくっつけることにしました!ええ、安易ですね(笑)。

ともかく、そんなわけで、京都観光とランニングとグルメを一体化した一石三鳥の企画「京都裏道ランニングルメ」の始まりです。

一応ランニングメインのコンテンツですが、ランニングにかかわらず、ウォーキング・ハイキング・観光・グルメと色々な角度から楽しめる内容になっている(ハズ)ので、気軽に読んでみて下さいね。

スポンサーリンク

今回のルート

距離は5kmちょっとと短いですが、神社の階段や山道などもある起伏に富んだコースなので、走りがいがありますよ。いかにも京都らしい裏道・細道も抜けていきます。

  • 距離:5.3km
  • 上昇高度:62M
  • 難易度:★★★☆(3.5)
高度プロファイル

高度プロファイル

吉田山目指してランニング開始

スタート地点

スタート地点

出発地点は京阪神宮丸太町駅です。

京大病院の南の春日北通

京大病院の南の春日北通

出発地点から少し北へ進み、京大病院の南の春日北通を東進します。この通りは広い歩道があるので比較的走りやすいです。

そのまま直進して東大路通の交差点を渡り、八つ橋のお店が居並ぶ通称八つ橋通(私が今名付けました)を真っ直ぐ進みます。

暖簾の隙間からちらりと姿を見せる黄金のたぬき

暖簾の隙間からちらりと姿を見せる黄金のたぬき

しばらく進むと黄金のたぬきがお迎えしてくれました。

金戒光明寺の黒塗りの鋼門

金戒光明寺の黒塗りの鋼門

金戒光明寺の黒塗りの鋼門を左折します。

どことなく懐かしい感じの漂う坂道

どことなく懐かしい感じの漂う坂道

風情のある坂道を上っていきます。ここから暫く坂・階段などが続きます。

宗忠神社の参道

宗忠神社の参道

宗忠神社の参道に到着しました。階段の傾斜は写真で見るよりも実際は緩やかだと思いますが、走って登ると脚&心肺にそれなりに効きます。ちなみに参道の両脇にソメイヨシノが植えられているので桜の季節に通り抜けるのは最高ですよ。

若干切れ気味の白犬くん

若干切れ気味の白犬くん

息を切らしながら階段を登り切ると境内です。白犬くんが出迎えてくれましたが、カメラのせいか『もののけ姫』のオオカミみたいな顔で唸られました(笑)。いつもは穏やかなワンコなんですけどね。

静まりかえった境内

静まりかえった境内

静まりかえった境内を行儀良く走り抜けます。

石造りの小さな鳥居

石造りの小さな鳥居

石造りの小さな鳥居をくぐって宗忠神社を抜け、竹中稲荷神社へ向かいます。

懸垂&トレイルランニング

竹中稲荷神社の参道

竹中稲荷神社の参道

竹中稲荷神社に到着です。朱色の鳥居が続く参道をプチ伏見稲荷気分を味わいながら走り抜けましょう(笑)。ちなみにこの参道は桜も綺麗ですが、実は隠れた紅葉の名所でもあります。ですから春に走るもよし、秋に走るもよしなんです。

分岐路を左に進み公園へ

分岐路を左に進み公園へ

途中分岐路になっているので、左側の道に進みます。

カエンタケに注意!

カエンタケに注意!

猛毒きのこ「カエンタケ」に注意を促す看板を発見。いや、ビジュアル的に絶対口に入れることはないですが(笑)、すごく怖いです。触るだけでも危険なので皆さんも気をつけて下さいね。

何の変哲もない公園だが・・・

何の変哲もない公園だが・・・

吉田山公園に到着しました。何の変哲もない小さな公園ですが、実はある知られざる秘密があります・・・

本日のオードブル:懸垂用鉄棒

本日のオードブル:懸垂用鉄棒

それは・・・何を隠そう大人が懸垂ができるほどの背の高い鉄棒があるんです!

京都って懸垂ができる鉄棒ってほとんど見かけないんですよね。まあ、他の都道府県の事情がどうなのかも知らないのですが(笑)。ともかく、せっかくですからランチ前の本日のオードブルとして懸垂にチャレンジしてみてください。

たぶん、正式な自衛隊式懸垂だと一回もできない人も多いのではないでしょうか。ちなみに、ゑビスは自宅の秘密のトレーニングルームに懸垂マシーンを置いて普段からトレーニングしているので、十回くらいはできます。一回もできずに悔しい思いをした方は吉田山に日参するか、自宅に懸垂マシーンを導入することを検討してみてください。

さて懸垂タイムが終了したら、先ほどの分岐路まで戻り、再び竹中稲荷神社を目指します。

神社の入口付近:昼間とは思えない仄暗さ

神社の入口付近:昼間とは思えない仄暗さ

神社の入口付近です。昼間とは思えない仄暗さが素敵です。

大文字山

大文字山

右手には大文字山を仰ぎ見ることができます。

写真を撮り忘れましたが、神社の境内の中心に舞殿があり、その左手から続く階段を登って行きます。

吉田山のトレイル

吉田山のトレイル

階段を登ると、吉田山のトレイルに合流します。そのままトレイルを北へ向かって進みます。

茂庵

茂庵

途中、右手にカフェ「茂庵」があります。じつは本日のグルメスポットはこの「茂庵」にしようと思ったのですが、あまりにどストライクなんでやめました(笑)。今日は通り過ぎるだけです。いつも大変賑わっています。

町中でトレイルランニング

町中でトレイルランニング

京都の町中ですがこの辺りの道ではちょっとしたトレイルランニングを楽しむことができます。

急な下り階段

急な下り階段

しばらくすると急な下りの階段小道が続きます。普段こうした道を走り慣れていない方は、歩くなりゆっくり走るなりして怪我のないようにしてくださいね。

今出川通

今出川通

ようやくトレイルを下り終え、今出川通に抜けました。

ランチポイントまであと少し!

顔のない?お地蔵さん

顔のない?お地蔵さん

顔のないお地蔵さんを目印に志賀越道(しがごえみち)を進みます。

京大の東の道路

京大の東の道路

京大の東の道路を南下します。

吉田神社

吉田神社

道のどん突きの左手に吉田神社の入口の鳥居が見えます。ここを右折してしばらく直進します。

京大の東の小道

京大の東の小道

京大の東の小道に入ります。人通りも車の行き交いも少ない道なので走りやすいです。この道を南下します。

ちょっとわかりづらいのでストリートビューを載せておきます。

近衛通

近衛通

近衛通に抜けるので西に進み、東大路通の交差点を南下します。

ビィヤント

ビィヤント

本日のランチポイント「ビィヤント」に到着です。小さなお店ですが、知る人ぞ知る京都の有名カレー専門店です。

ここのカレーは月一くらいで無性に食べたくなります。サラッとタイプのカレーです。

ビーフカツカレー

ビーフカツカレー

何と言ってもおすすめはビーフカツカレーです。食べやすい大きさに切られたサクサクのカツがデンと皿の中央に乗っかっています。ターメリックライスの黄色が食欲をそそります。カレーの辛さは甘口・中辛・辛口から選べるのですが、辛口は本当にかなり辛いので辛いモノが得意な方でも中辛にしておいた方がカレーの味を楽しめますよ。辛いモノ好きのゑビスはいつもビーフカツカレー中辛です。

さて、お腹が満たされたところで、再出発です。食べてすぐなのでここからは歩いて行きましょう。

熊野神社

熊野神社

「ビィヤント」を南下して、丸太町通の交差点を渡り、熊野神社の前を通ります。せっかくなのでちょっと中に入ってみます。

八咫烏の意匠があちこちに

八咫烏の意匠があちこちに

絵馬をはじめとしてあちこちに八咫烏(やたがらす)の意匠が目につきます。

お守り

お守り

八咫烏といえば日本サッカー協会のトレードマークなので、お守りも売っています。

熊野神社を後にしたら、スタート地点の京阪神宮丸太町駅までもうすぐです。

丸太町橋

丸太町橋

丸太町橋まで戻ってきました。

まとめ

というわけで、本日のランニングルメはこれにて終了です。

「ビィヤント」での食事時間(長居するタイプの店ではないので最大でも20分くらい?)を入れても1時間ちょっとあればなんとか回れる感じではないでしょうか。寄り道しながらまったり走るなら1時間半から2時間くらいみておいた方がいいかもしれませんね。

早咲きの桜

早咲きの桜

ちなみに、3月20日頃に写真撮影&ランに行ってきたのですが、鴨川縁ではすでに早咲きの桜が咲いていました。

今回のコースは桜の季節はさらに魅力が増すので、興味が湧いた方は近々出かけてみてくださいね。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。