Garmin Edge520Jをリストバンドに装着してランニングに使えるようにしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リリースキットとGarmin Edge520J
Photo By Ebisu

去年の10月の終わりくらいにGarmin Edge 520Jを購入したんですが、基本的にロードバイクに装着してインドア&アウトドアのライドのお供にするだけで、これまで敢えてランニングに使ってみようとは思わなかったんですよね。

けれども、先日の記事にも書きましたが、ここ最近Garminのバーチャルパートナーという機能をロードバイクに乗るときによく使うようになりまして、それがPR更新を狙うときに色々と捗るので是非ランニングにも活用したいと考えるようになった次第です。

スポンサーリンク

クイックリリースキットを購入

そんなわけでランニング時にEdge 520Jを持ち出すようになったのですが、最初は万が一にもラン中に落とすことがないようにと、100均で買ったネックストラップを手首に絡めたうえでEdge 520Jを手に持って走っていたのですが、さすがにいい歳こいたおっさんが必死にサイコンを握りしめながら走らなくても何かもうちょっとスマートな方法があるだろうということでググってみたところ、ガーミン純正の「クイックリリースキットFA920XTJ用」なる商品があることを知りました。

商品説明をガーミンの正規代理店「いいよねっと」のサイトでチェックして見ますと、

フォアアスリート920XTJを、リストとバイク(自転車)間で簡単に付け替え可能にするキットです。トライアスロンなどのマルチスポーツでご使用の方にオススメします。

とあり、どうやら付属のリストバンドのマウンタにガーミンのサイコンなどをを装着できるようで、まさに私が探していたのはこれだ!という商品じゃないですか。

ただ、一点フォアアスリートFA920XTJ用とあるのが気になって調べたてみたんですが、どうも普通にEdge500やEdge510には使えているという報告がネット上に多数あるので、それならば我がEdge 520Jでも問題ないだろうということで早速購入してみました。

使ってみた感想

使用感なんですが、さすがにランニング専用のガーミンの腕時計なんかに比べるとデカいし、重いです(笑)。ただ、重いといっても60gほどなので、許容範囲でしょうか。少なくともスマホをアームバンドに装着して走るよりはずっといいです。

しっかりマウンタに固定されるのでランニングの腕振りによってどこかに飛んで行ってしまうという心配もなさそうです。実際すでに5回以上装着して走ってみましたが一度も突然はずれたりはしていません。

リリースキットのリストバンドリストバンドはEdge 520Jをしっかり支えることができるだけの強度があるように思います。引っ張ってみても簡単に千切れそうな危うさはありません。バンドの長さは、長すぎるということも短すぎるということもありませんが、冬場に厚手の長袖のウェアの上から付けたりするとさすがに足りないかもしれませんね。

リストバンドの素材はラバー製なので汗でべと付かないのは良いのですが、軽くゴムアレルギーの気がある私ゑビスの場合だと、あまり長時間付けていると痒くなってくるので、ロングランの際に装着するときは手袋の上とか、長袖のアンダーウェアの上に巻くようにしています。夏場はちょっと困りますが、薄手のリストバンドのなんかを利用するといいでしょうか。

注意すべき点は?

Edge 520Jを装着したときのイメージ上記にも書きましたが、あくまでもこの商品はフォアアスリートFA920XTJ用なので、リストバンドにEdge 520Jを装着したときにどうしても90度向きがずれてしまいます。つまり普通に腕時計を見るように画面を見ると表示が横に寝た状態になってしまいます。私はそれほど気になりませんが、気になる方もいるかもしれませんね。

また、これは直接このクイックリリースキットには関係しないことですが、サイコンをランニングに流用する場合、ランニング専用ウォッチと違い1kmごとのペース表示などもできないのでシリアスなランナーの場合は、やはりランニング専用の腕時計を買った方がいいと思います。

まとめ

というわけで、GarminのEdgeシリーズを持っているけど、専らサイクリングにしか使ってないという方は、リストバンドを手に入れてランニングやハイキングに持ち出してみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。